下仁田の町の中に、諏訪神社があります。神社建立の正確な年代は不明ですが、敷地内に立っている欅の木が樹齢650年以上と言われています。

神社はもともと八幡神に捧げられたもので、15番目の日本の天皇である応神天皇(201–312)の神格であり、戦士の守護神と見なされていました。武田信玄(1521–1573)が戦国時代(1467–1568)にこの地域で戦ったとき、彼は神社を勇気と義務の神である諏訪の神に再び捧げる儀式を執り行いました。武田氏は長年諏訪の神に親近感を持っており、下仁田の神社に諏訪の神を設置することが彼の戦いの遂行を助けると信じていたようです。

現在の神社は、1830年代後半に現在の長野県諏訪湖周辺から来た宮大工が建設したとされる比較的小さな建造物です。建物は諏訪地域の建築家が一般的に使用している様式で建てられています。本殿の後ろには虹の形をした梁でつながった内宮があります。 切妻、軒、欄間には、植物や神話上の生き物の精巧な詳細を現した、精巧で芸術的な彫刻が含まれています。

諏訪神社

下仁田ジャーニー

桑の葉

蚕の飼育は、20世紀半ばまで下仁田を含む群馬県の主要な家内産...

下仁田戦争

江戸時代末、元治元年(1864年11月16日)におきた下仁田...

妙義山

妙義山はいくつかの山の総称であり、最高峰は相馬岳(標高1,1...

さらに情報を見る