妙義山はいくつかの山の総称であり、最高峰は相馬岳(標高1,104メートル)です。
最後に噴火したしたのは400万年以上前で、その珍しい山容は火山噴出物が永い年月をかけ侵食し、作り出したものです。
妙義山には、切り立った崖や、空を突き刺すような巨大な岩があり石門など様々な奇岩が見られます。

この奇岩が作り出す珍しい景色により、日本三大奇勝の1つとして選ばれ、国の名勝に指定されています。
春には山麓に様々な種類の桜が次々と咲き、秋になると紅葉が素晴らしいです。

また、登山も人気があり、初級者から上級者まで楽しめます。登山道には関東平野の広大な展望と、間近で見られる独特の岩々もあり、高度感も味わえます。

中之嶽神社は819年に創建され、かつては日本全国に仏教を広めたとされている僧侶である弘法大師(774–835)によって創建された寺院の本拠地でもありました。寺院は19世紀後半に神社と合併しました。

2005年、神社は繁栄の神である大黒天の黄金の像を建立しました。高さ20メートルの日本最大の大黒様です。これにより、商売人の中で神社の人気が高まりました。
大黒様は、繁栄のしるしである2つの俵の上に立って描かれ、多くの大黒様のような木槌ではなく、右手に剣を持っています。剣は大黒様に悪を追い払う力を与え、成功を授けると信じられています。

妙義山の東には、妙義神社があります。妙義神社は、学業の成功や恋の幸運、そして一般的な幸運や商売の成功を祈る人々の間で人気があります。この地域で養蚕が盛んに行われていた頃(20世紀半ばまで)、農民も蚕のために祈っていました。
神社には急な石の階段からアクセスでき、18世紀の神社建築の素晴らしい建造物が見られます。

下仁田ジャーニー

神津牧場

神津牧場は、日本で最も古い西洋式牧場です。その約400ヘクタ...

日本ジオパーク認定 下仁田ジオパーク

日本列島は、大陸プレートの下に太平洋プレートが沈み込むことに...

中小坂鉄山

幕末に鉱床が発見され、幕府も注目した鉄山でした。明治初期(明...

さらに情報を見る