下仁田あじさい園

令和6年度下仁田あじさい園について

「下仁田あじさい園」は下仁田IC周辺の当町の東の玄関口に位置し、約3ヘクタールの敷地に約2万株のあじさいと約1千2百本のサルスベリが植栽されており、関東でも有数のあじさい園となっております。

園内散策の一方通行にご協力をお願いいたします。

受付手順

受付⇒受付で協力金のお支払い⇒園内散策⇒退園
期日:令和6年6月3日(月)~6月30日(日)
時間:9時00分~17時00分
協力金:大人300円 小学生100円 小学生未満無料
駐車場:無料駐車場あり

あじさいの開花状況

最新の開花状況については、町及び観光協会の公式SNSで情報発信しています。

下仁田町
下仁田にゃくっち Facebook
下仁田にゃくっち Instagram
にゃくっち X
下仁田町観光協会
Facebook : 下仁田町観光協会
Instagram : DMOShimonita
Instagram : shimonitatourism
X : @DMOShimonita

下仁田あじさい園の概要

関東一のあじさい園を目指して

植栽数:あじさい約2万株サルスベリ約1千2百本。株数では関東でも有数のあじさい園です。
下仁田町の東の玄関口に位置し、平成16年度から町が中心となり、紫陽花苗木の植栽に着手
それを引き継ぐ形で、地域有志を中心に「紫陽花を育てる会」が発足し、保育、管理を行っています
管理を通して地域のつながりを一層強化し、地域住民と町が共に力を出し合う「協働」による、地域づくりのモデルとして、地域活性化等の思いから活動を続けています。
地域住民総出のボランティア活動に加え、下仁田町、セブン-イレブンみどりの基金助成、富岡法人会等の助成、地元建設業者の協力等を頂いています。

下仁田あじさい園のサルスベリについて

園内には、約1,200本のサルスベリが植栽されており、8月上旬から色とりどりの花を楽しむことができます。
園内での散策は可能ですが、散策路の管理(滑りやすい場所へのウッドチップの撒布など)は、あじさい園開園期間中に限って行われます。散策する際の安全確保はご自身で行っていただきますようお願いいたします。

また、閉園期間中については、駐車場の案内はありません。
路上駐車は、車両通行の妨げになりますので、おやめください。

群馬県動画・放送スタジオ「tsulunos(ツルノス)」

「tsulunos(ツルノス)」にて、下仁田あじさい園の動画が公開されました。

あじさい園のご案内図

駐車場および会場案内図についてはこちらをダウンロードしてください。

カーナビの設定

群馬県甘楽郡下仁田町馬山1471-1
南方へ道なり100m(無料駐車場)

DMO下仁田 下仁田町観光案内所 アクセス

妙義温泉(もみじの湯)

妙義山麗にあり、露天風呂からは妙義の大自然の美しい景観をお楽

下仁田あじさい園

下仁田町の東の玄関口・馬山地区の「紫陽花を育てる会」が関東一...

熊野神社

碓氷峠の頂上に位置し、昔は「碓氷権現」または「熊野権現」とい

さらに情報を見る 観光地域づくり法人(DMO) 旅行業界の皆様へ